足のアーチ大丈夫⁉️

こんにちは❕
スタッフの山元です✴️✨
皆さん、足のアーチって3つあることをご存じですか?
1つ目は足の底の内側(土踏まず)の部分。
2つ目は足の外側にある縦のアーチ。
3つ目は指の付け根にある横アーチ。

この3つが、体のバランスを取り、様々な動きを支えるばねの役割を果たしているのです。
足のアーチは、3つのうち1つでも働きが悪くなると、体の動きに支障が出てしまうことがあります。
足底で体重をしっかりと支えることができないため、足首やひざ、ふくらはぎや腰などに大きな負担がかかります。
そのままにして痛みを我慢していると、腰痛や肩こりの原因になることもあります。さらに、アーチがなくなると、足のクッション性も悪くなるので、疲れやすくなります。
足裏を鍛える方法は❕
足指を動かすことなのです。
足指→足裏→ふくらはぎの後ろまで、筋肉が繋がっています。
筋肉は1つ1つ単体で動くのではなく、連動して初めて動くものです。
だから、足指を動かすと、足裏の筋力を鍛えることとなり、アーチができる。
さらに、ふくらはぎの筋力が動くと、太ももの裏からお尻も動いて、ヒップアップにもなり一石二鳥なのです✨
と言うことで皆さん、しっかり足指に力を入れて鍛えてくださいね!

記事一覧へ

▲ページトップに戻る