コーヒーで血流改善

こんにちは‼️
スタッフの山元です✨✨
先日テレビでコーヒーは血流改善に良い、コーヒーをよく飲む健康長寿は血管が老けないといっていました。毎日、コーヒーを飲むことで心筋梗塞や脳卒中の死亡リスクが減る! コーヒーの香りでリラックス効果、成人病予防にもつながる、と。
カフェインは血管収縮作用と、鎮痛剤などにも使用されるように解熱鎮痛作用があります。 冷やすと楽になるような血管拡張型の偏頭痛であれば、酷くなる前の対処療法として活用できるようです。
≪カフェインの効果≫
①覚醒作用により脳の血流が改善し活性化され、集中力が高まる
②血流が良くなることで筋肉疲労を改善し、より活動的になる。(栄養ドリンクにも入っている)
③消化吸収を助ける(胃酸過多の人は、空腹時は避ける)
④利尿作用や腸の働きが活発になり、体内の不要なものや疲労物質が排出される(デトックス効果)
⑤脂肪分解酵素が活性化され、代謝がよくなる。
その他にも、コーヒーに含まれるポリフェノール(クロロゲン酸)の抗酸化作用によって細胞レベルの老化防止効果など、美容・健康維持への効果が研究され続けているそうです。
コーヒーを飲むおすすめのタイミングは
①脳の活性化
仕事や読書など「集中力を高めたい時」は、30分ほど前にコーヒーを飲むのがおすすめです。
②覚醒作用
眠気を吹き飛ばしたい時も同様に、30分後を目安に飲むのがおすすめです。
③アンチエイジング効果
食事の前後1時間をさけ、1日1,2杯飲むのがおすすめです。
④脂肪燃焼効果
運動をする30分ほど前にコーヒーを飲むのがおすすめです。

コーヒーは飲み方次第で効果がかなり違いそうですね?

記事一覧へ

▲ページトップに戻る