良い睡眠を取りましょう!

こんにちは!
スタッフ山本です。
今日は、
良い睡眠の3箇条について!!
「寝つきがよい」
「ぐっすり眠る」
「寝起きすっきり」

みなさん3つ睡眠に当てはまっていますか?

睡眠の質は体温調節や体内修復・成長に関連するホルモン分泌と相関関係があります。
これらは体内の代謝活動促進・自律神経のバランスを整える要素となります。
睡眠の質を向上させるほど、疲労から心身を回復させる効果があります。
肉体疲労はもちろん、脳のように目に見えない部分に蓄積した疲労を取り除くことは睡眠の大きな効果です。
成長促進・健康維持はもちろん、ダイエット・美容促進・スポーツのパフォーマンスアップなど様々な効果をもたらします!
そこで!!
「7つの工夫」で質の良い睡眠を確保しよう!

1.目が覚めたら太陽光を浴びる
太陽光を浴びることで概日リズムがリセットされ、自然に夜の眠気につながります。

2.寝る2時間前に軽く運動
ウォーキングなどの軽い運動で快眠に。
ただし就寝の2~3時間前に済ますようにします。

3.就寝前の刺激物や飲酒はNG
寝る前は、コーヒーやお茶、辛い食べ物などの刺激物や、眠りが浅くなる飲酒は避けましょう。

4.入浴はぬるめでゆっくり
快眠のためには39℃程度のぬるめの入浴がお勧め。寝る1~2時間前までにゆっくりと。

5.テレビやスマホは寝る1時間前まで。
強い光は寝付きを悪くします。
テレビやスマホ、パソコンなどは寝る前は控えましょう。

6.ダラダラ布団に入らない
睡眠時間にこだわり過ぎず、眠気を感じてから布団に入る方が眠りの質が良くなります。

ちなみに私は寝る前に白湯を飲んでいます。
一日の用事を全て終えてゆっくり飲む白湯。
今日も良く頑張った!
そして今日も何事も無く過ごせた事に感謝。
よし!!
また明日も頑張るぞ!!
image

記事一覧へ

▲ページトップに戻る