つらい腰痛にゆっくりストレッチ!

こんにちは!スタッフ山本です。
いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます!
さて、
今日は腰痛についてです。
春はなぜか?
ギックリ腰や腰痛の方が多くいらっしゃいませんか?

腰痛を引き起こす原因に、運動不足による腰の周りの筋肉の衰えと、柔軟性の低下があります。背骨をまっすぐに支える力が低下すると、背骨や腰椎にかかる負担が増えてしまい、痛みにつながったり、筋肉が凝り固まった状態が続くことで血流が滞り痛む事もあります。
そこで!
まず行いたいのが、低下している筋力を鍛えるトレーニングです。しかし、腹筋と背筋のどちらか一方のみを鍛えても、腰椎を正常な位置に保てません。両方をバランスよく鍛えることが大切です。
ここでは、腰痛にかかわる腹直筋と脊柱起立筋を鍛えるトレーニング方法をご紹介します。負荷をかける筋肉に意識を集中して行うことで効果が高まります。無理せずできる回数から始めましょう。

腹直筋を鍛えるトレーニング
腹直筋を鍛えれば、本来のS字カーブを維持できるようになります。トレーニングは、反動を使わずゆっくり行うのがポイントです。

仰向けに寝て、両膝を立てます
両手は膝頭に当てます
息を吐きながらゆっくりと上体を起こします
上体を引き上げた状態で1〜2秒静止します
息を吸いながらゆっくりと元に戻します
これを5〜10回繰り返します



脊柱起立筋を鍛えるトレーニング
脊柱起立筋のトレーニングは、腰痛だけでなく猫背の予防・改善にも役立ちます。トレーニングを行う際は、おへその下から骨盤にかけてクッションやタオルなどを敷いておくと、腰への負担を軽減できるのでおすすめです。

うつ伏せになり、両ひじを立てます
息を吐きながらゆっくりとひじを伸ばし、上体を起こします
上体を起こしたら5秒間キープします
息を吸いながらゆっくりと元に戻します
これを5回繰り返します



腰痛はとても辛いですね。
是非お試しください!
グットネスでは
お悩みに合わせてストレッチお伝えさせていただきます!
お気軽にスタッフにお声掛けください。

記事一覧へ

▲ページトップに戻る