腸腰筋をやわらげて元気なカラダづくりを!

皆さんこんにちは!スタッフ山本です!(^^)!
今日は穏やかな陽気ですね♪
とても気持ちがいいお天気💗

最近こんな事ありませんか?
歩くとすぐに疲れる、つまずきが多くなったと感じる方はいませんか?
特に足が重くなったと感じる方は腸腰筋の柔軟性が乏しくなっている可能性があります。
寒くて活動量が減ったり、ディスクワークで座ったままの時間が増えたなど体を動かす事が少なくなると、腸腰筋が硬くなったり、縮こまった状態にしていると腰の骨が引っ張られ、腰に負担がかかります。さらには、歩幅が減少して足が重く感じることがあります。これらを予防するためには腸腰筋をストレッチして筋肉を緩めることが重要です。

腸腰筋のストレッチには、以下の4つ効果があります。

【腸腰筋ストレッチの効果】
① 姿勢が楽になる
腸腰筋は、骨盤と太ももを繋ぐ筋肉で体幹の安定性に寄与しています。腸腰筋の柔軟性を保ち軸が安定することで、運動の際に身体のブレが減るため足が踏ん張りやすくなります。

② 腰痛の予防
腸腰筋(特に大腰筋)が硬くなると腰の骨を引っ張るため腰痛を引き起こす可能性があります。特に、椅子に長時間座るデスクワーク、長距離ドライバー、ご高齢者に方は、腸腰筋をストレッチすることで腰痛を予防する効果が期待できます。さらに腸腰筋をストレッチすることで背中の張りや肩こりにも効果が期待できます。

③ 足取りが軽くなる
腸腰筋は、床から反発する力を使うことで前方に進む(推進力)に寄与しています。腸腰筋をストレッチして柔軟性を保つことで、歩幅が広くなり足取りが軽くなります。

④ つまずきの防止
腸腰筋の柔軟性が乏しい場合、足を振り出す時に腸腰筋が過剰に働きます。腸腰筋をストレッチし、柔軟性を保つことで効率良く足を振り出すことができるので、つまずきを防止する効果が期待できます。

グットネスのストレッチにも欠かす事のできない腸腰筋ストレッチ!

皆さんも是非やってみてください!!!

記事一覧へ

▲ページトップに戻る